スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備完了しました。

新春ふりゃあ
 ま、この連休はいいものでつ。
 ついにシーズン開幕用フライを巻きあげましつた。
 実は、他にすでに六本のロッドにもフライはついているのです。あとは竿を継いで投げるだけなのです。ま、現場に行くのは半月先ですが、あとはその日のポイントを前日に大体決めてそのポイントに合ったラインの組み合わされている竿を選んでこれを車に積んで出かけるだけなのです。現場に着けばなにも悩まず竿を振り始めるだけなのです。
 へっへっへ!でつね。

 私のふりゃあぼつくすもじぶんでいうのもなんですが使うふりゃあだけになって来ました。「これはどうかな?こんなのを使って見たい」とかいうのはありません。実績フライだけになってまつ。あとはこれにグレイイーグルを2個作って入れれば私としては完璧です。
 ヘヘヘぇっ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

さすがに実績あるフライたち、魂を作り込んでありますね・・
私もフライを作る時は形や色だけでなく、魂を作り込むと言った事を考えます。
そうした時に、怪しげな、魅惑的なフライが完成するのでしょう
そして魚が掛かった時は無の状態でした。なにも考えずただひたすら投げて
投げて投げて投げて、投げているのも忘れた頃、魚はやって来ました。
まさに無の状態です。
無の状態になるには、3日連続とか、5日掛かった事もありまつです。
射の射と不射の射、弓を引いて獲物をとらなくても、千人は弓を引かず
獲物を落とすそうな、まさに不射の射ですね
そんな心境を表した中国の言い伝えですかね・・・・
不射の射になるには、精進するしか、俺には無いのかも知れないです。
無の状態になった時が不射の射に近い状態なのかも知れませんね・・・・

 おはようございまつ、エフ氏。
 しかしですが、ま、希望とは裏腹に今冬もけっこうな積雪になってます。う~む。つまらないことになる状況になってほしくないんですが、中流のつぁくらまつがバンバン生まれる最上・尾花沢地域の積雪は昨年なみになつてしまつたようです。このまま冷え込みが続きはるになったらまたまたドバドバのハイウオーター続きで下流部での3月後半からの釣りはまたまた手がつけられくなってしまいまつよ。このままでは。
 しかしながら昨年は早春ランのつぁくらまつはけっこう支流にスルーできて産卵したやつらはけっこういたでしょうな。再来年はもしんしたら遡上の多い年になるんじゃないですかね。ま、そのうちその辺の私の屁理屈を語ってみたいと思っています。
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
プロフィール

猫田 寅吉

Author:猫田 寅吉
山形県 村山盆地に住んでます。
私の青年という時代は過ぎてしまいました。
フライ釣りをやらないと生きていけないような私です。
メタボなのにうまいものと決別できません。
好きな言葉(ジェネシスの曲の一節) I know what I like,and I like what I know
私の釣りについてのプロフールは、リンクにありますKEN SAWADAのトロフィークラブの猫田寅吉のエントリーで見てください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。