スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ積雪は続いている

桜の樹
 結局今冬も積雪は多いようでつ。川釣りの状況は昨年に似たかんじになるんじゃないでつかね。
 わたしのウチの辺りも今日もけっこうな降雪があり朝4時に起きてやっと家の前の雪かきを終えたところでつ。
 なんかね。今年は川がとっても遠いというかんじです。
スポンサーサイト

山形の釣りルールについて

まつは来ているのか
 ここのところの私は、ちまちまと自分の釣りを自分なりにたのしんで、なんとなく文句もない釣り生活をやっているんですが、これも、やっぱり現状の山形県の釣り環境に、あまり不満もなく、かえってつぁくらまつ釣りの環境について他の県などからみれば、ま、恵まれていていいもんだと思っているところもあって、山形県の内水面行政と、漁協団体それそぞれ釣り人へもいい理解を示してくれてありがたいものだと感じているところもあるところでつ。
 つぁくらまつのふりゃあ釣りが私の釣りの九割ですという風な私の年間の釣りになってから、そろそろ10年くらいになろうかというところでつ。
 そんなこんなで今年も山形県の遊漁規則環境の中で、私の今年の釣りも2月はじめからつぁくらまつ釣りをつれないながら始めているものでつ。つれなくても、釣るつもりで行ってつれないのでつが、現場の状況川の変化を知るためにも、まだ釣りには厳しい状況の2月でも釣りに行っていたほうが以降の釣りのためになると思って出かけているという私の釣り姿勢です。そんな中で2月におおまつに遇えることもあるんで、ま、けっこう期待もあるものでつ。

 さて、昨日、釣り人の仲間でま、漁協関係の事情も分かる方からデンマがきたのでつ。
 今年は10年に一度の内水面漁業規則見直しの年で、ルール変更に『つぁくらまつ釣りの遊漁期間についてと共通遊漁証とつぁくらます釣り遊漁証の関係について漁協によって考え方が分かれているようですよ。』
という情報をいただきました。
 これまで山形県の研究機関もつぁくらまつのことについては色々とがんばってやってきていることもあるのでその成果に沿ったものであれば納得するものですが、だだ漁協構成員の昔感覚の慣習でしか生きてこないジジィの思いつきでルールを決められてはこれはたまらないものでつ。
 
 私なんかは極私的極論でこう考えまつ(つぁくらまつ中心のエゴ男として)ま、つぁくらまつ釣りの解禁は赤川もその他の河川も3月解禁でもええんじゃないか、これは、1月2月遡上のおおまつを下流からスルーさせ支流中流産卵待機組みにさせるのはありでしょうね。また、支流まつ釣り資源ともなりまつ。
 下流だけで獲るのは上流、支流にも漁協がある場合は不公平でつ。さて、そしてですがこれに連動して遊漁期間を十年前に拡大した渓流の遊漁期間、解禁を4月1日に戻すこと。これはつぁくらまつのスモルトが渓流釣り3月解禁によって釣られてしまうのをいくらでも抑えることになるんじゃないですかね。ということで、ま、個人的にまつ釣りの期間の検討は渓流釣り期間を含めて、ありかともおもいまつ。
 つぁくらまつ遊漁証については、まつが産卵するためのいい環境を持った漁協に対し、下流の漁協はよくよく考えなければならないものだと私は勝手に思うところです。まつの稚魚を自分のところで放流してるからまつが自分のところにいるとという現実は研究の結果成果は出ていないし自然産卵に頼っているのが現状だと確認しているのだとするならば、上流の産卵にいい環境の支流を持つ漁協のおかげでありまつ。はっきり言って下流の漁協がつぁくらまつ漁をするのならば上流の漁協の環境保全を手伝わなければならないんじゃないかと考えるものでつ。

 ま、しかし、こんなことを考え始めると、とり止めがなくなってしまうものでつ。ま、まつについては海に下ってまた来るという面倒なやつなのでこんな問題が出てくるんでしょうがね。
 また、どことは言わないんですがまた自分のところだけうま汁を吸おうという漁協さんがあるんじゃないですかね。と個人的には思いますね。

トシというかモノグサ病でつね

川縁到着
はあはあはあはあはあはあはあ!ヒィヒィヒィ!ひぇえええええ~っ!
 やつと川岸に着きました。ピョコタラ足にもかなり効きまつ。
 思わず雪の上に腰をおろし竿を繋ぐ前に一休みでつ。
 
 ちょっと前まではこんな雪漕ぎなんかこのスノーシューにかかると、お釈迦様が睡蓮の葉に乗って移動するがごとくスイスイと歩けるのに、ナンだこの自分の体たらくは。と自分にがっかりしたものでつ。
 こりゃあトシなんかではなくたんに自分の筋力体力が日頃の不摂生により萎縮しているんだとつくづく思い知らされたのである。
 こりゃあ筋トレとか運動をして少し体を鍛えないとまともに釣りもできなくなるなこりゃあと不安になってしまったものでつ。
 
 そして息を切らしながら川面、流れを見てまつはもうここに来ているだろうかとおもった。
 さて、始めよう。
 手前の手前はアルチャンでスペイ。
 奥の流れははSS1712DHでオーバーヘッドで。

 ・・・・・・しかし、まつからの返事は無かったな。
 もうちょっと下流でやるべきだったかな。
 でした。

釣りに川岸まで行くんですが

昨日の雪原
 さて、昨日の釣りです。
 山に入るのではありません。釣りに川岸まで行こうとしているのです。風がなさそうなのでこの三連休では今日しかないと思って出かけてきたのです。家を出るとき家の前は積雪ゼロセンチでした。しかし私は「もしやなんかあったら」と思ってスコップを積んできました。現場に着くと新雪の積雪が一尺くらいありました。実はこの雪中歩きの前堤防に車を乗り入れカメになってしまいました。ちょっとこの積雪ではこのまま走るのはヤバイ、と思い戻ろうと思って方向転換ようとおもい、バックした。注意していたのですが、ちょっと雪が深かった。カメになってしまったのでつ。車の腹がつっかえってしまったのです。ヨンダブ車なのに前後の車が空回り状態になったのです。仕方なしにスコップで車腹の雪を斯き出して事なきを得ました。やはりスコップはアタリデシタ。
 そしてスノーシューをウエーデングシューズに装着し歩き始めました、私のウエーデングシューズは近年はこのような雪原を歩くためフェルトソールではないものを履いています。フェルトは雪がダンゴ状に靴底につくからスノーシュートの間でたいへんなことになってしまうのでつ。
 しかし、・・・・・・川までなんてとおいのだろう。ふと気づきました。
 続く。
 
 

とうとう辛いつりが始まりましたようでつ

はじまり
 さて、昨日、今日の天気がまた極寒に戻るというので、ま、それにつけ麺も食べたくなったので、急遽現場へでかけてみてきました。画像でご覧のとおり釣り人がポツリポツリと見受けられるようになりました。
 やはり昨日は寒さはそれほどでもなかったのですが、朝雨が降ったせいもあってか水は思ったよりよくは無いような気がしました。しかし、昨年の豪雪のせいで春にとんでもない増水が原因してか、ポイントもだいぶ変わってしまったようです。河床が掘られたところ、浅くなったところ、砂利の移動でプールが全体的に下流に移動したところ、なくなってしまった湾戸、ここ何年かでは最も流れが変わったようです。
 私は一振りやってみましたが、ま、やはり何もなし。でしつた。私と同じようにおもったのか私より一足遅く、つけ麺を食って鯛釣り名人もやってきました。行動パターンが同じです。ブランチラーメンを食ってからの釣り。
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
プロフィール

猫田 寅吉

Author:猫田 寅吉
山形県 村山盆地に住んでます。
私の青年という時代は過ぎてしまいました。
フライ釣りをやらないと生きていけないような私です。
メタボなのにうまいものと決別できません。
好きな言葉(ジェネシスの曲の一節) I know what I like,and I like what I know
私の釣りについてのプロフールは、リンクにありますKEN SAWADAのトロフィークラブの猫田寅吉のエントリーで見てください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。