スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せっせと来期の準備でつ

来期へ向けて
 私をスペー窟オヤジは ラインフェチと言ったりしているのです。実は。
 ま、そう言われても異論はないのでつが、お金があれば実際はロッドコレクター、ロッドフェチのほうがなりたいんでつね。私としては。
 さて、天チはよろしくないし、ついに億劫なラインメンテナンスに先週より入った私でつ。カスタムシンクシステムの接続部ループの補修、本体ベリーの接続部補修、つまりラインとラインを接続するためのループ部の付け替えやコーティングのやり直し、補修。来期の釣りを想定した新しい中間部シンクベリーの製作。こんなことをチマチマとやっているのでやっぱりラインフェチというのも当たっているのではないでつかね。とおもいまつ。ま、大仕事はカプラス桜Speyのために、CND GPS12/13DF MK2を先端から9mでぶった切ってタイプⅢシンキング7.5mと6.5mテップ作成をやったのでしすた。
 さて、何でそんなことをするんだ、なんでいまさらカプラス桜Speyにこだわるんだ、なんでそんなにロングベリーラインでの実践釣りを考えるんだ、ということですが、今回はそんなことについてちよっとまじめに、自分の考え方をお話したいとおもいまつ。
 ま、市販のシンク部のテップはリオとかCNDとかので15ftほど。つまり4.5mほどなのですが、私はおもにというかメインにこれのタイプⅢを使っていまつ。よほどのハイウオーター時でないとタイプⅥは使いません。タイプⅥはすぐに沈みますがダウンクアンドアクロスで流したときやはり手前にきてフライが底に落ちてしまったりネガカリが多かったりすると感じるので、意外と速い沈みのラインは私は好まないのでメインにタイプⅢを多用するものです。そこで深く沈めるには私はタイプⅢのシンクティップ部を長くするという考えを持ってここ何年かはじめてきているのでつ。
 長いシンクティップは市販のがないのでつまりそこで自分で工夫してつぎはぎしているのでした。
主にリオやCNDのシンクティップとサワダのDST・ DSSを切って中間ティップとしてやっているものです。さて、何でそうして川底にフライを通すことに私がこだわるのかと言うことですが、まつがやはり停まって休むとすれば中層や上層ではなく底であろうやっぱり。と考えているからで、魚の掛りが中層であったり上層であったりする場合もあるようですがそれは魚の活性が高い場合で、停まっている底から追い食っていると個人的に考えているもので、やはり川に入ってきたまつを誘うのには底すれすれをはずしてはならないんじゃないかと私は考え、ポイントごと違う深さ、流れの状態、これににあわせた深さをとり底すれすれをクロスできることをイメージしライン工夫を続けるものでつ。
 カプラス桜SpeyオンCND GPS12/13DF MK2先端タイプⅢシンキング7.5mを必要とするのは遠浅のポイントでロングキャストを考えたためで、これまでやっていてアルチャンシステムでイマイチ寸足らずを感じたポイントを来期は攻略しようとするものでつ。
 画像は来期のために竿とラインのセッティングがまず終了した私の道具でつ。ま、これらはシーズン初期~中期用で、ポイント・状況によりチョイスを変えるのでこのようにはじめからセッティングを決めてかかりたいというかんがえでつ。いちばん画像の左側の短いゼットペイ竿のはテトラで凹に組まれた防災護岸でのリトリーブ釣り用としてこれも新規にラインを作ってみました。
 釣りに出かける日、その日の川の水位とかポとか風の状況とかでその日のポイントを考えそのポイントに合ったロッドとシステムをチョイスし釣りに出かける。そういう方針になってまつ。現場であれこれ迷いたくない。シンク部の微妙な長短だけ調整するものでつ。
 さて、楽しみになってきました。来期の釣り。あと二ヶ月半でつね。
スポンサーサイト

今年の生き残り

これ釣ろうよおとうさん
 この前ホームリバーで堕落的ナメコ採りをやったとき、林道に掛った橋の上から、キットいるじゃろうのうと思い、クソガキ達を、ちょっと来いと呼んでそっと沢を覗くように言った。 そして、川の中を覗くと、やっぱりいました。
 まだ、産卵は始まっていないらしくペア選び段階のようでした。「お父さん、イワナじゃねぇ?」
 「そおぉぉっ」「釣ろうよ、釣ろうよ、これ!」「つれないの。イワナは10月1日から釣ってだめなの。それに産卵間近でエサにはキット興味をしめさないよ。釣道具ももってきていないし」
 ということで、クソガキたちとイワナだけ見てきました。「けっこうでけえんじゃね、このイワナ」とおにいちゃんクソガキが言いました。
 
 今年は、チマタのうわさでは、宮城・福島の渓流魚が食べられないと言うことでかなり山形県に釣り人が流れてきてたと言われていました。そしてかなり根こそぎ釣り上げられもって行かれたらしいと。

 眼下のイバナ、生きのこれてよかったでつね。禁漁になってからもいじめるやつが県外からも地元でもいるというのに。
 ま、産卵やってくれ。来年クソガキと釣ろうと思う。ここでミミズでやってやっか。

晩秋の山河

晩秋の山河
 渓は次の風の強い日で冬になってしまいますね。こりゃあ。また来年です。ホームリバーも。

なめたけでも採っか!

なめたけを採れ
 ダンシングの季節も尻切れ的に終わってしまいました。
 雪がふる前はなめこの季節です。
 私のなめこ採りは、かなり堕落的で林道に車を止めてすぐの辺りをうろついて終わりです。
 バッツのクソガキと一緒にホームリバーの渓でナメコを採りました。
 今の時期のナメコがいちばんうまいと私は思います。肉厚で食べ応えも十分です。

毎年のことながら

鍋指導員
 毎年のことながらこの秋もスペイ練習の季節たけなわです。
 環境的には少し寒くなって春先みたいな気候でなんか気分的にも実践的です。

 先日手に入れて、実際の釣り仕様にしたピンクライントーナメンター大司教ラインと剛竿桜スペイを鍋スペイ指導員と振って見ました。
 ま、私のスペイタックルではやはり最強、とんでも飛距離です。

ふと来期の釣りにスイッチが入ったようです

またまたまたまた、違うの。で・・・
 山のキノコにもまだ未練があるんですが天気もよろしくない時期なので行っても意外に欲の勢いも鈍く、すぐ帰ってきちゃったりすることになってしまっているこのところです。
 先日スペー窟商店に注文していたラインが来たので買ってきました。
 以前から考えていたのですが、大司教様ブランドの18フィートクラスのトーナメンター用のコンペラインを、剛スペー竿18フィートのカプラス桜スペイに載せてやってみたい。そう考えてラインを注文したのでつ。
 以前さんえむ社だったかが出したタケろんぐベリーもなんかシックリせず私に切り刻まれてしまって今では跡形もなく残っているのはランニングラインだけになってしまったようなところですが、懲りずにまた金をかけて桜スペイを来期の釣りの第一線に引きずりだそうとしているのです。

 この前の日曜日鯛釣り名人と一緒にこれで振ってみました。大げさですがラインははるか彼方に飛んでいきます。この竿は重いですが振っているときの負荷はこのラインを使うと全く苦になりませんでした。フライを流しているときのロッド保持だけがネックですが、17フィートで慣れていればポイントによって使い分けるのであれば全く気負うことはないものです。
 振ってみて考えたとおりの結果が得られたようです。

 さて、いよいよ来年の釣りモードに入れてきたようです。
 

続きを読む

寒くなるとますます猫はいいです

ミケはいい猫です
 季節がだんだん寒くなると、猫も家の中にいる時間が長くなっているようです。私の二番目のクソガキ娘はどうも猫を独占したい欲があるようです。自分の部屋に拉致を繰り返しいちばん猫に嫌われているのですが、とうとう寒くなってきたこの季節、猫は暖かい部屋に拉致されて仕方なく我慢するようになったようです。ミケはいやいやながら暖かさでしょうがなくおとなしくしているのでしょうが、天然ボケ娘は、ミケを机の脇にはべらせかなりご機嫌で宿題をやったり、本を読んだりするようになっていました。ミケは本当にいい子守役をしてくれます。私の連れ合いのキグシネェ女はそんなミケに大好物のタコの頭を切らさず冷蔵庫にいれておいてくれるようになったのです。ネコバカ家族です。
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
プロフィール

猫田 寅吉

Author:猫田 寅吉
山形県 村山盆地に住んでます。
私の青年という時代は過ぎてしまいました。
フライ釣りをやらないと生きていけないような私です。
メタボなのにうまいものと決別できません。
好きな言葉(ジェネシスの曲の一節) I know what I like,and I like what I know
私の釣りについてのプロフールは、リンクにありますKEN SAWADAのトロフィークラブの猫田寅吉のエントリーで見てください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。