スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この歳になってこんなものにも愛着が湧くようになったようです

夏の森の顔
 お盆にいちばん上のクソガキせがれを連れてピョコタラ足を引きずり朝日山地の森へピーヒョロロ茸を取りに行ったら帰りに林道にこいつがおった。「うおっ まむしじゃん」です。
 「おい、どうする。」とクソガキに聞くと、もってイって観察したいという。わたしのせがれながら私と同じつまらないものに非常に興味を示すやつでつ。
 「んじゃぁもって行って1週間くらい見てみっか」となったのでつ。私は車を止めてウエーディングスタッフと厚手のビニール袋を取り出し。動作の遅いコイツを難なくランディングしました。
 1週間してまたここに返したわけですが、あまり大きい個体でもない、よく見ると不思議な銭型模様、三角頭のコイツになんとなく愛着が湧いたものです。家に持ち帰ってキグシネエ女に臭い顔をされたものの、水槽に厳重に監禁しておりました。ウチのバカネコはへびが嫌いなようで水槽に近寄らず無視の状態でした。ことのほかなんか気に入っていたのはこれも変なことに天然ボケの娘で、なんか怖いもの見たさなのか知りませんがしょっちゅうじっくり見ていたようです。私もじっくり広い容器で飼ってみて初めて知ったこのへびの動作もありました。コイツは日本のへびの中でも原始的な骨格というか種だと何かで知ったのですが、ゆっくり後ずさりするんですね。
 森に返す日、森に近づくと、こいつは水槽の中でガタガタと動作が激しくなって、私に捉えられたプレートプールのところに着き、車から出してフタをあけた水槽を傾けるとすかさず元気よくにょろにょろと自分が出てきた薮にはいっていきました。空気とか温度とかでこいつらは自分の生活圏、縄張りがわかるんじゃないのか、と思わせられる出来事でした。そんなこともあってなんかこいつはいいやつだと思うようになったわけです。私としては。三角頭と顔の脇の黒筋がなんともいいですと思うのは私だけでしょうな。やっぱ。

 さて、明日から仕事で出ちょで北海道にいくことになりましすた。
 実はそんな暇はないかもしれませんが、もしかしたらリシリの朝に時間があればちょろっと振って見るつもりでつ。#8のパックロッドをかばんの底に隠しちゃいました。

 しかし、話は変わりますが、私は本日これからお医者さんに行ってエコーをしなければなりません。
 3日前の夕方高熱が出てお医者さんに行ったら血を取られ胆嚢をエコー診ることになりますということです。
 くだらないきんねんになって始まった町のおどりお祭りによって毎年つまらない出店を職場がするようになってこのくそ暑い中、とくに暑いのがダメな私がいつも出店に借り出されて休みもなくえらく疲れるのは当たり前なのです。
 熱も下がり体調もよくなったのですが どうなんでしょうかね。ま、診断でにゅういんしろとかいわれて、しかしそれも、この際じっくり休めていいのかも知れないとも思うものですが、遊べなくもなるのでやっぱりにゅういんなんか言われたら嫌です。
スポンサーサイト

そろそろ朝の暑さも峠を越えたようです

ホームの森
 しかし今年の夏も暑かったです。私のお家のところでは雨もかなり少なく、ほんと干ばつの夏です。
 私にとってつまらない町の祭りやら、早朝から大忙しの夏のお仕事やら暑い最中の大変な仕事がようやく一段落したんですが、ま、私の生きがいのピーヒョロロ茸採りは今年も満足がいくほどは採れませんでしたが、お盆にチョロッととることが出来たので、ま、よかったです。
 私のこのパソコンがある部屋にはエアコンなるものが設置されていないので、ほんと久々にキーボードを叩いた私です。さて、今度はすこし朝も涼しくなり始めたので、またつまらない私事をへらへらとお話しする気になってきました。ま、ぼちぼちでつね。画像はピーヒョロロ茸の出る風景です。

先日釣った魚の貌

アメチャンではなかったと思う
 ま、まつではなかったんですが、族だったようです。アメチャンではないようだと私はみたのでつが。しかし流本でよくこんなにでかいずう体になってくださいました。釣った場所からコイツには八久和川の潜水艦の血が混じっているのかはたまた大鳥湖のタケタロウのDNAが潜んでいたのかと想ってみたりさせられるものでしつた。
 このイバナのいた地帯は昨年釣った尺五寸の黄金色イバナといいなかなかいいモノがおります。
 
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
プロフィール

猫田 寅吉

Author:猫田 寅吉
山形県 村山盆地に住んでます。
私の青年という時代は過ぎてしまいました。
フライ釣りをやらないと生きていけないような私です。
メタボなのにうまいものと決別できません。
好きな言葉(ジェネシスの曲の一節) I know what I like,and I like what I know
私の釣りについてのプロフールは、リンクにありますKEN SAWADAのトロフィークラブの猫田寅吉のエントリーで見てください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。