スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形の釣りルールについて

まつは来ているのか
 ここのところの私は、ちまちまと自分の釣りを自分なりにたのしんで、なんとなく文句もない釣り生活をやっているんですが、これも、やっぱり現状の山形県の釣り環境に、あまり不満もなく、かえってつぁくらまつ釣りの環境について他の県などからみれば、ま、恵まれていていいもんだと思っているところもあって、山形県の内水面行政と、漁協団体それそぞれ釣り人へもいい理解を示してくれてありがたいものだと感じているところもあるところでつ。
 つぁくらまつのふりゃあ釣りが私の釣りの九割ですという風な私の年間の釣りになってから、そろそろ10年くらいになろうかというところでつ。
 そんなこんなで今年も山形県の遊漁規則環境の中で、私の今年の釣りも2月はじめからつぁくらまつ釣りをつれないながら始めているものでつ。つれなくても、釣るつもりで行ってつれないのでつが、現場の状況川の変化を知るためにも、まだ釣りには厳しい状況の2月でも釣りに行っていたほうが以降の釣りのためになると思って出かけているという私の釣り姿勢です。そんな中で2月におおまつに遇えることもあるんで、ま、けっこう期待もあるものでつ。

 さて、昨日、釣り人の仲間でま、漁協関係の事情も分かる方からデンマがきたのでつ。
 今年は10年に一度の内水面漁業規則見直しの年で、ルール変更に『つぁくらまつ釣りの遊漁期間についてと共通遊漁証とつぁくらます釣り遊漁証の関係について漁協によって考え方が分かれているようですよ。』
という情報をいただきました。
 これまで山形県の研究機関もつぁくらまつのことについては色々とがんばってやってきていることもあるのでその成果に沿ったものであれば納得するものですが、だだ漁協構成員の昔感覚の慣習でしか生きてこないジジィの思いつきでルールを決められてはこれはたまらないものでつ。
 
 私なんかは極私的極論でこう考えまつ(つぁくらまつ中心のエゴ男として)ま、つぁくらまつ釣りの解禁は赤川もその他の河川も3月解禁でもええんじゃないか、これは、1月2月遡上のおおまつを下流からスルーさせ支流中流産卵待機組みにさせるのはありでしょうね。また、支流まつ釣り資源ともなりまつ。
 下流だけで獲るのは上流、支流にも漁協がある場合は不公平でつ。さて、そしてですがこれに連動して遊漁期間を十年前に拡大した渓流の遊漁期間、解禁を4月1日に戻すこと。これはつぁくらまつのスモルトが渓流釣り3月解禁によって釣られてしまうのをいくらでも抑えることになるんじゃないですかね。ということで、ま、個人的にまつ釣りの期間の検討は渓流釣り期間を含めて、ありかともおもいまつ。
 つぁくらまつ遊漁証については、まつが産卵するためのいい環境を持った漁協に対し、下流の漁協はよくよく考えなければならないものだと私は勝手に思うところです。まつの稚魚を自分のところで放流してるからまつが自分のところにいるとという現実は研究の結果成果は出ていないし自然産卵に頼っているのが現状だと確認しているのだとするならば、上流の産卵にいい環境の支流を持つ漁協のおかげでありまつ。はっきり言って下流の漁協がつぁくらまつ漁をするのならば上流の漁協の環境保全を手伝わなければならないんじゃないかと考えるものでつ。

 ま、しかし、こんなことを考え始めると、とり止めがなくなってしまうものでつ。ま、まつについては海に下ってまた来るという面倒なやつなのでこんな問題が出てくるんでしょうがね。
 また、どことは言わないんですがまた自分のところだけうま汁を吸おうという漁協さんがあるんじゃないですかね。と個人的には思いますね。
スポンサーサイト

今年の生き残り

これ釣ろうよおとうさん
 この前ホームリバーで堕落的ナメコ採りをやったとき、林道に掛った橋の上から、キットいるじゃろうのうと思い、クソガキ達を、ちょっと来いと呼んでそっと沢を覗くように言った。 そして、川の中を覗くと、やっぱりいました。
 まだ、産卵は始まっていないらしくペア選び段階のようでした。「お父さん、イワナじゃねぇ?」
 「そおぉぉっ」「釣ろうよ、釣ろうよ、これ!」「つれないの。イワナは10月1日から釣ってだめなの。それに産卵間近でエサにはキット興味をしめさないよ。釣道具ももってきていないし」
 ということで、クソガキたちとイワナだけ見てきました。「けっこうでけえんじゃね、このイワナ」とおにいちゃんクソガキが言いました。
 
 今年は、チマタのうわさでは、宮城・福島の渓流魚が食べられないと言うことでかなり山形県に釣り人が流れてきてたと言われていました。そしてかなり根こそぎ釣り上げられもって行かれたらしいと。

 眼下のイバナ、生きのこれてよかったでつね。禁漁になってからもいじめるやつが県外からも地元でもいるというのに。
 ま、産卵やってくれ。来年クソガキと釣ろうと思う。ここでミミズでやってやっか。

キャッチアンドドーナルンダの今

キャッチアンドドーナルンダの今
 「ちえっ、つまんねぇ」ことになったダンシングの後、すこし山をほっつき歩いて、サモダシとかもあまりなくなめ茸をほんのチョロッと採って早々ダンシングを切り上げしばらくぶりで朝日山地の林道をあっちこっちふらついてみた。ウエストビッグバードリバー沿いに行くと、こんな時期に車に渓流竿とかタモを無造作に積んだ車がいた。長岡ナンバーの車でした。私は車から降りて「すみません。車に釣竿とか沢山積んでありますが、まさかつりはやらないでしょ?」あいてのジジィは「いや、来年のしたみにきたんだ」と言うことです。信じられないことですがね。昨晩夜中に来たと言うことですが、わざわざ来年の下見に夜駆けで来るもんですかね。次に、地元の庄内ナンバーの車は二人連れですでに竿を繋いでブドウ虫を竿に付けているところでした。私がもう禁漁ですよと注意すると。ここは禁漁区でないと大声で開き直り始めました。私はここが禁漁ではなく渓流は10月から禁漁です釣りは止めてください。ときちんと言うと分かっていたようです。最近は本当に自分が反社会的なことをやっているのに、注意されると開き直ったり、逆切れしたりする人間が増えているように思えるものです。中国や朝鮮半島の国家のような人間が日本人にも増えているように感じるのは私だけですかね。

 ま、ちょっと話が別のことになってしまいましたが、画像は大井沢朝日山の家前の週末の画像です。
 県内でここと、寒河江ダム直下のところだけ10月いっぱい渓流釣りが可能な区間になって10年近くかたちました。やはりそこそこ渓流釣り人はいるようです。
 さて、画像の釣り人はルアー釣りの人のようですが、そこは何年か前に毛鉤専用キャッチアンド区間になったんじゃないんですかねと私は認識していたんですがまた変わったようなんですかね。ふりゃあ釣りの人は伝承館前にしかいなかったようで この画像の辺りは意外とルアー釣りの人が見えました。テンカラやっている人が1人いましたが5人ほどはルアー釣りでした。なんか全体的に魚は釣れていない雰囲気でしたがどうなんですかね。
 私は車にはスペイ練習のための大本流用スペイタックルしか入っていないのでやってみることは出来ませんでした。ま、最近の渓流釣りにそんなに魅力を覚えないので、まっいいか。デス
 

俺達のやっていることはすごいだろうと威張られた感じ

なんといったらいいのかの
 先週の週末土曜日は、実は私のダンシングホール&フライ釣りホームリバーで、偶然にも朝日山地生態系保全地域の巡視員活動のひとつの催しがあって、ここのところピョコタラ足の私は合同巡視に参加していなかったのでこんなときくらい義理の付き合いをやっておかないとな。と思い。くそばか息子と森林再生事業体験に参加したわけです。
 ま旧営林署の仕事の一部体験みたいなもので、それは、旧営林署が30年も前のそのとき植林した杉林が雪害などで荒れているところで、杉を間引きして、自然に根付いたもともとそこにあった広葉樹の生長を促す処置というような作業のようでした。ま、旧営林署が森林管理局になってたづさわっている山仕事と私は捉えさせてもらいました。今現在日曜日はフルお仕事の季節で貴重な土曜日休日はダンシングも一日中やりたかったんですが朝一でチョロット2~3の樹を見ただけで終わりこの体験作業をやっていました。弁当は久々の朝日屋の料理で山の素材もきちんとあり、ボリューム味、申し分なくうまかったです。
 しかし、午後のカリキュラムでなんか知りませんが、基調講演みたいんが組み込まれていて、その講師がなんと出羽三山の自然を守る会のクソジジイだったのです。出羽三山を守る会のクソジジィとどもはかなりわたしかとは山の自然についての考え方も違っています。巡視員会議ではいつもこいつ等ナニ言っているんだとか思い、イライラしている私です。
 今回のこのクソジジィの講演はさらに自慢話の内容が濃く、何でもかんでも自然保護も朝日山地のこともすべて自分達の活動によってなったみたいお話になっていたようです。聞くに堪えられないようなので「いやそれって・・・」とか私が言い出して、物議をかもし出してもいられないし、疲れているし聞こえないふりしていっかと思ったら、 スコォォォォォォー。スコォォォォォーと寝てしまったようです。くそばかせがれが、バツがわるくなったのかおとうさんをゆすり起こしてくれました。くそっ。寝せておけよ。って感じでした。
 まこんな出羽三山ジジィのお話を 渓流協会長のK氏なんか聞いたら激怒してその場で大激論になったことと想像しちゃいました。しかし、出羽三山ジジイは最期に政治情勢なんかも触れていたようで、今回の催しに、とんだ味噌付けだったなと私は感じてきたわけです。同じ巡視員とかでも出羽三山ジジィたちとはやっぱり袂を一緒に出来ないなとおもいました。実力、実績が薄いヤツほど自分が何でもかんでもやったたんだというタイプと同じようだとわたしは感じるんですがね。

遥かなるどない川

土内
 ま、この川は土内川(つちうち川)と言って山形県の北側新庄市にある川で、最上神室山地にある谷川です。
 この川をドナイと言うのはよく他県からいらっしゃった釣り人が、お話したりすると土内川をドナイガワなどと漢字をよんでいう人がいるんで まそう読む人のためにもドナイとか私も言っちゃったりするんですが、ほんとうはちゃんといつもツチウチ川というべきなのかもしれません。ここのツチウチの名の語源は鎚打ちという説もあると地名の由来が書いてある本もあるようです。
 ま、どうでもいいことですが、まだ季節は一向に進まず、かなり暑い日が続いています。私の本命のきのことり舞茸採り(ダンシング)も今年はまだまだ、かなり遅れると思われるので、この暑さの休日に川でカジカのヤス突きでもやってクソガキたちと川遊びをしようかと思い、私が子供のころ夏の休日たび入りびたりになってヤス突きをやっていた今の土内川の様子を見に行ってみた。なぜ様子見なのかと言えば、画像の砂防堰堤である。この堰堤は今はスリットが入っていますが一昨年辺りまではスリットを入れる工事をやっていたのです。
 この堰堤のためにここの下流の水質がかなり悪くなったため、何十億と掛けて造った砂防堰堤にさらに何十億と掛けてこんなチャッチイ切れ目を入れたようです。
 さて、そういうことでカジカ突きをして遊ぶためにここの下流がうまく復活できているか見に行ったのですが、結果はやはりまだ堰堤の上にプールがありそこで堆積物が腐ってメタンガスのにおいで下流の谷は臭い流れでした。また川の中の石の色も、昔とは違って赤茶けたサビの色が一面で茶色の石の川に成果てていました。期待は外れてやはりまだ夏はここの下流で遊ぶ趣はよくありません。「川はもどらなかった」ですね。
 ここの土内川のこの堰堤の上には新庄の釣り倶楽部最上貫目会の方たちが毎年欠かさず自分達で岩魚の幼魚を沢山背負いその年々魚が薄くなったと思われる区間、沢に放流をやっていのでした。おかげ様で魚の魚影はこの辺りの川ではよく保たれている感じです。
 ま、何年したら、ここの下流が私が子供のころに強烈な郷愁を与えられた美しい白い河原青い水の土内川に戻ってくれるんでつかね。今回はまだクソガキたちとここに来ようとは思われなかった土内川でした。
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
プロフィール

猫田 寅吉

Author:猫田 寅吉
山形県 村山盆地に住んでます。
私の青年という時代は過ぎてしまいました。
フライ釣りをやらないと生きていけないような私です。
メタボなのにうまいものと決別できません。
好きな言葉(ジェネシスの曲の一節) I know what I like,and I like what I know
私の釣りについてのプロフールは、リンクにありますKEN SAWADAのトロフィークラブの猫田寅吉のエントリーで見てください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。